負荷

2016/12/12

2016

Bohus Bergsprängning社は、イェーテボリのローダステンにおいて深さ22メートルの縦坑と長さ7メートルの連絡トンネルを建設しました。縦坑は発破を一切行わずに作られており、その代わりにアトラスコプコのワイヤソーが使われています。

2016/12/01

2016

オーストラリア・クイーンズランド州の鉱業請負業者であるDDQ社は、新しいアトラスコプコPit Viper 235ロータリドリルリグを追加して以来、燃料費を大幅に削減できました。これを実現したのはクラッチです。

2016/11/25

2016

ドイツのMineral Baustoff GmbHはSTRABAG SE Groupの一員であり、原材料を生産する企業としてヨーロッパでも業界をリードする存在といえる1社です。

2016/07/28

2016

世界中のウォーターウェルリグのオーナーとオペレータは、その多用途性、高い生産性、非常に過酷な条件の場所でも走行できることにより、アラスコプコのT2Wトラックドリルリグを高く評価しています。

2016/07/11

2016

RXLリーマにより孔径4.0 mを848 mリーミングして、タラ鉱山を貫通しました。総稼働時間960時間でMagnum V 6列カッターのドレッシングにより作業は完了しました。この作業後もカッター寿命が残存しています。すばらしい成果を達成しました。

2016/07/11

2016

孔径4.0 mを848 mリーミングして、RXLリーマはタラ鉱山を貫通しました。Magnum V 6列カッターのドレッシングは、以前の960時間のレイズ掘削に採用したドレッシングと同じです。すばらしい成果が達成されました。

2016/06/29

2016

人件費が上がり続け、安全規制がますます厳しくなっている現状を受け、採石会社では機械化を推し進めることで課題に対応しています。

2016/06/29

2016

最新の明かり掘り技術が地熱井と水井戸の需要を後押しするなか、この動向を最大限に利用する小規模事業者が増えつつあります。そのような事業者の1つが、井戸掘削の専門業者であるSäffle Brunnsborrning社です。

2016/06/28

2016

チリのEl Sauce銅山で生産性が低下した理由の調査が行われた際、結論としてその掘削装置の可用性の低さが重要な要因であると判断されました。そのような状況で次に採用された装置は「業界初」のものでした。

2016/06/23

2016

ノルウェーではトロンハイムとスチェールダルを結ぶ東行きE6幹線道路の建設が、2014年の完成を目指して順調に進められています。しかしこのプロジェクトは、トロンハイム中心部へ入るための2.6 kmの道路トンネルの建設を始めとした、さまざまな問題に直面してきました。

2016/06/23

2016

ポルトガルのレイショエス港では、100隻のヨット、サービスエリア、受付、乗客ターミナルに対応する新たな突堤が必要となりました。新しい突堤の杭打ち作業では、いくつかの難問が持ち上がりました。

2016/06/23

2016

古代の深い岩石層からのコアサンプリングは、地上の生物がいつどのように誕生したかという進化の最大の謎の1つを科学者が解明する手がかりになるかもしれません。

2016/06/23

2016

大型DTH製品の需要増加を受けて、ジオテクニカルドリリングツール(GDT)では、過去5年間で大型DTH製品のレンタル台数を増やしてきました。

2016/06/20

2016 削岩工具

米国バージニア州シャンティリーに本社を置くWilliam A. Hazel社は、幅広い敷地造成事業を請け負う大手企業です。同社がワシントンD.C.地域の人口急増に対応するためのインフラ整備プロジェクトに携わったとき、難題にぶつかりました。

2016/06/17

土木鉱山機械事業部 2016

チェコ共和国のCB Destrukce社は、建設業界向けに掘削および爆破のサービスを提供する、国内トップ10に入る請負業者の1つです。そしてその実績は、CAREと呼ばれるサービスの一言に尽きます。

2016/06/13

2016

ポルトガルのアルジュストレル銅/亜鉛鉱山で操業が再開され、世界規模の生産地になりつつあります。運搬車両の容量と効率性を継続的に向上させるための戦略がこの鉱山の新しい成功における主要な要因であると証明されました。

2016/06/10

2016

掘削産業では性能の向上とコスト削減がこれまで以上に求められるようになっています。現場での安全性が不可欠であり、今日の市場で競争力を維持するためには、コスト効率良く予定どおりに契約作業を確実に完了できる、革新的なソリューションが必要となります。

2016/06/10

2016

作業の効率化とコスト削減を実現する新たな方法を見つけるのは容易ではありません。 ポーランドのKGHM鉱山は、アトラスコプコの製品とサービスを使用することで同社の目標達成に必要なツールを得ることができました。

2016/06/09

2016

インドネシアで発破孔ドリルリグの大部分は炭鉱で使用されており、代表的なのはPrima Sarana Gemilang炭鉱です。

2016/03/29

2016

世界の採石場では毎日、業界のさまざまなニーズに応えるため、掘削や発破や粉砕によって数百万トンの骨材を生産していますが、採石場の所有者に常に最良の結果をもたらしているわけではありません。それでも、スマートかつ容易で収益性の高い採石方法は存在します。

2016/01/11

2016

Diamec Smartシリーズは、コアドリリングに自動化をもたらします。自動化の技術が進歩するのに伴い、掘削における過酷で危険な作業は減少しつつあります。新登場のDiamec Smartは、今日における革新的な安全技術のよい例です。

2016/01/06

2016

アメリカのレイズボーリングの専門業者であるRaisebor社は北米のレイズボーリング業界における記録を打ち立て、過去最大の坑道を完成させました。

2015/12/14

2015

メキシコのノーチェ・ブエナ金鉱では、ハンマーやビットのコストを増加することなく、大径発破孔をさらに拡大する方法を発見しました。

2015/12/06

2015

チリの巨大なチュキカマタ露天堀鉱山では、新しい豊かな未来として、地下を見据えています。

2015/07/22

サーフェスアンドエクスプロレーションドリリング部門 2015

掘削が必要な岩石の量を建設プロジェクトの準備段階で計算することは、通常はきわめて正確なプロセスです。しかしベガでは、このプロセスが進行中のときに、建物の1つを当初の場所から何メートルも移動させるという決断が下され、その結果として最初の計画よりも岩石の量が増えていました。

2015/05/22

2015

世界最大の亜鉛鉱山の所有者であるインドのHindustan Zinc Limited(HZL)は、将来の課題や需要に対応するオペレーションの開発に成功しました。長期的なパートナーシップによって、機械化の促進、生産性の向上、安全性の改善が実現します。

2015/05/15

2015

現在、セルビアのリィグとプレリナを結ぶ道路の40.3 kmのセクションに建設されている5つのトンネルのうちの1つであるサラニトンネルは例外です。

2015/01/31

2015

北極圏内130 kmのフィンランド・ラップランドにあるKevitsa鉱山は、アトラスコプコの機器で開発が続けられています。最近取得した機器には2台のPit Viper 271ドリルリグが含まれ、これらは現在フル稼働しています。

2015/01/15

2015

アトラスコプコの新しいPit Viper 311は、米国の銅鉱山での厳しいフィールドテストを完了し、ロータリドリルリグを主要な設計の特徴とした価値が確認されています。

2014/06/19

2014

英国ダラム郡のシーハムを拠点とするDrilcorp社は、スコットランド北東部アバディーンAB12 3QAで、深さが合計7.5メートルに及ぶ220個の穴を掘削した排水請負事業で受賞歴があります。作業現場の表土は、地表から5~7メートルまで異なる岩質が混じった砂利、花崗岩の大礫と巨礫、花崗岩の岩盤から組成されています。

2012/04/16

土木鉱山機械事業部 2012

熟練労働者の不足に直面している鉱山会社が、トレーニングプログラムを最適化するために、アトラスコプコのトレーニングシミュレータを検討している事例がますます増えています。西オーストラリア州のBHP Billiton社は、この方法の採用に成功した鉱山会社の1つで、利益を上げています。

2018/04/27

2016

2014年に発売されたセコロックCOP 66ハンマーが、スウェーデン北部の硬い岩盤条件でも性能を発揮することが実証されました。

2018/04/27

2016

米国国境近くのソノラ北部にあるLa Herradura Penmont露天掘り金鉱は、アップグレードされたドリルリグと新しい削岩工具の組み合わせによって生産性を向上しています。

2018/05/09

2016

シェール岩盤内の水塊下の比較的浅い場所に大型トンネルを建設するにあたり、非常に狭い作業現場から、隣接する空港の操業に影響を与えずに作業する必要がありました。