考案者の経験

エピロックは、50年前に革新的な油圧ブレーカを発売しました。この製品は、建設鉱山業界に変革をもたらすことになりました

導入する利点

掘削機用ジャックハンマーに求められるすべての機能:高効率と高性能、低騒音と低振動

すべての掘削機で1台だけ

お使いの0.7~140トンの掘削機を、解体、トレンチ、岩盤掘削、採鉱など多くの用途のための多目的ツールに変えます

掘削機用油圧ハンマーの歴史

油圧ブレーカは、当社最古のキャリア用油圧アタッチメントです。はじめて量産されたロックブレーカはKrupp HM 400で、特許は1963年に取得していましたが、発売は1967年でした。掘削機用ジャックハンマーは打撃装置で、あらゆる硬度や物理的特性を持つ岩石やコンクリートを破砕できるように設計されています。掘削機用ジャックハンマーは、破砕、解体、一次岩盤掘削、二次岩盤破砕、溝掘り、基礎工事、アスファルト切断など、幅広い用途に利用されています。

 

現在、エピロックの掘削機用油圧ハンマーは、運転重量50 kg未満対応から、10,000 kg以上対応まで、あらゆる種類のキャリアに対応する製品をご用意しています。60年以上にわたってブレーカとハンマーを開発してきた経験を通じて、当社製品は自己潤滑システム、騒音/振動減衰システム、自動岩石硬度調整システム、熱回収、一体型ボディコンセプトなど、さまざまなレベルで先進性を追求しています。&

小型ロックブレーカに求められる機能をすべて搭載

SB油圧ブレーカはスリムかつコンパクトで、使いやすく、極めて汎用性の高い製品です。優れた効率とパフォーマンスを実現するとともに、信頼性と整備性にも優れています。

SB油圧ブレーカを多様な作業のパートナーにお選びください。掘削機、バックホー、スキッドステアローダー、解体ロボットなど、ほとんどのキャリアに対応します。作業をすばやく、低コストで完了できます。

中型および大型掘削機用ジャックハンマーに求められる機能をすべて搭載

中型および大型の油圧ブレーカは効率が良く、適応性に優れた製品で、きわめて多くの用途に対応します。優れた効率とパフォーマンスを実現するとともに、耐久性が高く、環境への影響も抑えることができます。

エピロックの油圧ブレーカを多様な作業のパートナーにお選びください。タイヤ付き/クローラ掘削機など、各種キャリアに対応し、作業をすばやく、低コストで完了できます。

軽量コンクリートの解体

エピロックの小型油圧ブレーカSB 302、軽量コンクリート構造物の解体用。

Loading...

岩盤破砕および基礎解体用HB 3600

エピロックのHB 3600油圧ブレーカをはじめとする大型ブレーカは、建設現場、採石場、露天鉱、地下鉱の発破を使わない一次岩盤掘削や二次岩盤破砕、ならびに頑丈な鉄筋コンクリート構造物の一次解体に最適です。

Loading...