回転式ブラストホール掘削リグPit Viper

回転式ブラストホール掘削リグ

業界で最も包括的な回転式ブラストホール掘削リグのシリーズをご検討ください。 多様な自動化機能から選ぶことができ、お客様のニーズに最適なソリューションを見つけることができます。

お問い合わせ

エピロックの回転式およびDTHブラストホールドリルが品質と生産性を向上

 

テキサス州ガーランドと中国南京で生産された当社のマシンは、最先端の生産設備において、最高の品質で製造されており、電源交換を何度も繰り返して使用することができます。 エピロックは、リグの主要構造を設計・製造してきた長い歴史を持ち、当社の回転式ブラストホールドリルは、同クラスのマシンの中でもトップの地位にあります。

 

ブラストホールのシリーズには、実績があり、現在もなお市場リーダーであり続けるDrill Masterシリーズと、完全自律機能を備え、効率性の高い掘削を実現するプレミアム製品であるPit Viper シリーズがあります。

 

Drill Masterシリーズは、弾力性が高いと評価を受けた製品であり、世界中で多くのマスター掘削作業者向けトレーニングに使用されています。 DM製品は、生産性、信頼性、1年ごとの運転コストの低さから、長年にわたり、世界中のお客様に主力マシンとして利用されてきました。 私たちのバリューシリーズは、5 1/2インチから9 7/8インチの範囲の孔径と、30,000ポンドから75,000ポンドのプルダウン範囲を掘削します。

 

Pit Viperシリーズは、6インチから16インチの範囲の孔径と、60,000ポンドから125,000ポンドのプルダウン範囲を掘削します。PV-230、PV-270、およびPV-310は、シングルパスとマルチパスから選択でき、パフォーマンスとイノベーションにおいて業界最高水準を実現しています。

 

優れた鉱業マシンの定番であるPit Viperシリーズは、お客様の具体的なニーズを満たすため、多数のオプションから構成を選択できます。 業界をリードするPit Viperシリーズでは、生産性と信頼性を新たなレベルにまで高め、ブラストホール掘削業界において、同クラスのマシンの総所有コストの最小化に貢献します。 

 

エピロックのリグコントロールシステム(RCS)により、Pit Viperシリーズにおいて、AutoDrillやAutoLevelなどのスケーラブルな自動化機能を利用できます。 オペレーターがドリルから降りた状態で操作でき、オプションのBenchREMOTEパッケージを使用することで、1人のオペレーターが1つまたは複数のユニットを操作できます。 マシンを大幅に再構築する必要なく、将来において新しい機能とオプションを追加するための基盤を提供します。 自律的な掘削が可能で、人間はほとんどドリルを操作する必要はありません。

生産性の向上

最新世代のマシンは、オペレーターが、高い生産性、高品質の掘削、安全で快適な作業環境を実現できるように設計されています。

自動化(オートメーション)

オペレーターはオンボードまたはドリル外で掘削作業を行うことができ、1人のオペレーターで、1つまたは複数のユニットを操作できます。 人間がドリルにほとんど関与することなく、自律的な掘削を行うこともできます。

将来に向けた柔軟性

当社のリグコントロールシステムプラットフォームは、実績のあるCANバステクノロジーを基本としており、多数の安全機能とインターロック機能を備えています。また、マシンを大幅に再構築する必要なく、将来において新しい機能を追加するための基盤も提供します。

当社の回転式およびDTHブラストホールドリルシリーズ