採石と露天工事

土木工学から採石 規格石材まで、お客様のニーズを満たすソリューションをご用意しています。   優れたインフラストラクチャは極めて重要であり、業務機器への需要はさらに高まっています。 弊社は、用途を問わず、効率的な作業現場にとって何が重要かを理解しています。採石業を収益化する ことはますます難しくなっており、より効率的なツールが常に必要です。 より生産性が高く、より効率的な採石プロセスがあれば、最終結果によって利益が得られます。


精度の重要性

生産性、および地上振動を制御する必要性を目的として、掘削業者は、ガイダンスのために効果的な機器を必要としています。 生産を最適化し、最終結果の 品質を高めるには、 孔の向き、偏差、深さの誤差を 最小限に抑える必要があります。 角度設定と孔深度制御  用の機器により、穿孔の精度  が向上し、人為的エラーの可能性が低減されます。 ドリルパターンの杭打ち精度  が向上し、時間、掘削距離、爆薬を 節約します。  

孔は、正しい位置で座グリ し、正しい位置合わせを維持し、所定の深さで終端する必要があります。 これは、必要な最終レベル未満のサブドリリングを  許容する場合もあれば、許容しない場合もあります。

 

最新のホールアライメント機器は、自動深度制御とドリルフィード停止を備え、より高い掘削  精度を提供します。 これにより、過度の掘削が少なくなり、破砕が改善され、発破後の平らなベンチ の形成が可能になり、そのすべてが掘削および発破コストの 削減につながります。 さらに、地上 振動は最小限に抑えられます。これは都市 部では特に重要です。

 

土木工学の詳細 →



規格石材の生産

規格石材は、大規模な石材ブロックを 自然 岩塊から切断または分離することで採石されます。 生産される個々のブロックのサイズは、 岩自体の均質性、 粗石を扱う採石オペレーターの能力、および成形後の石材に求められる最終用途など、多くの要因 に 依存します。 典型的なブロックサイズは、 約6 m3 (200 ft3)となり、密度に応じて、  10–18 tのブロック重量に対応します。

 

規格石材の採石プロセス

個々の採石場の運営方法は大きく異なります。 岩体質量の物理的特性( 均質性、日常的な破砕や積層などの明確な 脆弱ラインがあるかどうか)、その製品の資源と市場の 規模、および事業者 の財源といった要素がすべて、採石場の設計と生産能力  を決定する上で重要です。 大規模 な作業では、生産の初期段階で、何千 立方メートルもの材料が含まれる個々の ブロックを、高さ10 m以上の採石ベンチから分離させます。

 

逆に、小規模の採石場では、 生産量が大きく制限されていることがあり、重量が5–10 tの未加工ブロックを生産し、ベンチ高も利用できる生産 技術に適した低いものになっています 。

 

DSI の詳細 →



ホールナビゲーションシステム(HNS)

事前計画することで、不測の事態を減らすことができます。 穿孔角度と発破方向は掘削計画に定められており、掘削計画はリグに転送さ れます。  掘削計画に従って掘削すると、リグが収集した情報を使用して て、発破計画を立てることができます。 

 

ホールナビゲーションシステムは、情報を使用して、適切な深度まで平行に穿孔するのを支援します。 これにより、均一なベンチを確保できます。 発破を適切に制御することで、破砕が改善され、岩石数を減少させます。 岩石数が少ないことで、二次的な破損が少なくなります。 

 

適切な断片化をすることで、ローダーバケットへの充填が容易になります。 バケットに十分に充填することで、輸送ユニットに十分な積載をするための移動回数が少なくなります。 適切な断片化により、輸送ユニットへ効果的な積載をすることで、粉砕機への移動回数が少なくなります。

 

採石業の詳細 →


よくある質問: 露天工事と採石

採石とは ?

採石は通常、

主要な製品として岩石を生産するための表面掘削として定義されます。 そのため、オープンキャスト、オープンカット、

露天掘り、オープンピットの鉱山とは異なり、

岩盤内の特定の鉱物ではなく、岩石自体が貴重な商品です。

DSIで最も一般的な岩石タイプは?

現在、最も一般的に使用されている商業用岩石には、

大理石、花崗岩、スレート、砂岩などがあり、これらはすべて、

さまざまな視覚的および物理的特性を備えています。 これは

網羅的なリストではありませんが、

石灰岩、玄武岩、斑れい岩、トラバーチン、トゥファなどの岩石も、

それらの特性が適した場面で幅広く使用されています。

ホールナビゲーションシステムを使用する主なメリットは?

HNSは、オペレーターが適切な深度まで平行穿孔するときに役立ちます。