パワーショベルを油圧ツール・キャリアとして

エピロックの油圧アタッチメントにより、掘削機が単なるツールキャリア以上のものになります

軽量・パワフル

時間と経費の節約と環境保護

考案者の経験

弊社油圧ブレーカの歴史はKrupp社時代の発明まで遡ります。

解体機器の歴史

エピロックの解体、リサイクル&土木部門へようこそ。この部門は、Kruppブランドの名前で油圧ブレーカを開発しました。1963年に特許を取得した油圧ブレーカは、油圧掘削機用の初の油圧駆動ツールで、油圧掘削機の能力を新たな次元へと引き上げました。 

油圧アタッチメント

掘削機は今や多用途のツールキャリアで、機械の稼働時間と効率のレベルを大幅に高め、お客様に複数のメリットを提供しています。すべては油圧ブレーカから始まり、エピロックはこの分野で独自のノウハウを蓄積してきました。長年ブレーカ技術を革新してきた実績は、ガス/石油の複合技術、一体型ボディコンセプト、サイドボルトを廃したブレーカ設計、AutoControlなどの画期的技術により明らかです。しかし、これにとどまらず、エピロックの人気の高い製品ラインである油圧アタッチメントツールシリーズには、新しい掘削機が次々に追加されています。

 

各油圧アタッチメントは、解体作業現場、リサイクル用途、採鉱や採石現場のさまざまな課題に対処できるよう、お客様に貢献します。掘削機やバケットだけでは対処できない過酷な作業には、耐久性が高く、パワフルなツールが求められます。

 

そのため、アタッチメントツールを使用することで、お使いのツールキャリアの汎用性が高まります。ここ数年、油圧アタッチメントツールはほとんどの用途の機械作業に不可欠なものになってきています。

解体、リサイクルなどに対応するエピロックの油圧アタッチメントを体験してください

解体

エピロックは、建物、橋などの建造物を安全かつ効率的に解体する解体機器を取り揃えています。

リサイクル

建物の構造部品を取り壊し、すばやく分離するための、幅広い機器をご用意しています。

土木

土木機器には、土壌/岩石の掘削や整地などに対応する多様な製品があります。土木機器などの重機を使えば、土木作業ばかりではなく、マテリアルハンドリング、解体、建設に要する時間も短縮できます。多くの建設用重機は多機能に対応するよう設計されているため、作業現場に不可欠です。エピロックの掘削機アタッチメントをご確認ください。