オートメーションと情報管理

エピロックのソリューションは、採鉱業とインフラ産業で稼働時間の延長と生産性の向上を実現します。

連絡先

データに基づく意思決定

情報を資産とシステムの間で迅速に伝達して、適切なタイミングで適切な場所に届けます。

資産、システム、従業員を繋ぐ

実用的な情報を共有し、改善を拡大して生産性を最大限に高めます。

自動化による最適化

すべてを繋いで、スマートな統合運用を実現し、効率をさらに高めます。

6th Sense

Loading...
機能のオートメーション化による精度と安全性の向上。 エピロックでは、一部の製品をカスタマイズし、ドリルロッド追加やドリルビット交換などの機能をオートメーション化しました。さらに、自動レベル制御やドリル停止保護などの機能を統合して、高い精度と安全性を確保しています。遠隔操作でオペレータと機械の関係を革新。リグコントロールシステム(RCS)などのプラットフォームを導入すると、コントロールパネルから現場のセンサーやカメラを監視し、機械を遠隔操作することが可能になります。オペレータは危険エリアから離れた制御室内で安全かつ快適に作業できます。   
接続と自動化によって設備の生産性を改善。
スマートコネクテッド機器を統合できるようになりました。たとえば、高精度の掘削シーケンスのプログラミングが可能です。障害物がある場合や、オペレータの介入が必要な場合には、機械センサから制御室に警告が送信されます。一般的な人員配置の制約にしばられることなく、機械の稼働時間を延ばし、手動操作による摩耗を減らすことができます。

データから意思決定に役立つ情報を引き出す。
データは、効率的な運用の中核となります。そのため、エピロックでは運転データ収集・分析のためのソフトウェアオプションを幅広くご用意しています。たとえば、テレマティクスソリューションで設備データを収集・比較・共有して、改善すべき領域を特定できます。
エピロックのリアルタイム状況判断ソフトウェアは、設備から従業員まであらゆるものを追跡します。給油に必要な最寄りのポンプを見つけたり、非常時に全作業員が指定の安全エリアに到着しているかを確認したりすることができます。
Two male employees looking at computer screens in Epiroc Control Tower
スケーラブルな作業実施計画で機械の稼働時間を最大限に延長。
エピロックは、お客様と協力し、個別の状況と最適化目標をもとに自動化ソリューションと情報管理システムに応じた段階的な計画を作成します。

相互運用を通じて生産を増加。
エピロックでは、将来の技術開発と革新に取り組む中で、プラットフォームに依存しないオープンなソリューションによって相互運用プラットフォームを拡張し、機器、プロセス、システムを統合しています。
エピロックのAPIでは、定義済みのインターフェイスにより、収集したデータを実用的な情報に変換できます。

エピロックのオートメーションソリューションをご覧ください

スクープトラム自動化レギュラー

Loading...

メキシコのペナスキトで利用される自動操作のエピロックPit Viperドリル

手作業による掘削からエピロックの自動操作ドリルに切り替えて以来、Goldcorp社は安全性と生産性の向上に加えて多くのメリットを享受しています。

エピロックは、2018年1月1日以前は「アトラスコプコ」の商標で操業していました。

Loading...

Dynamic Tunnelingパッケージ

Loading...

お客様事例