Increased Safety with BenchREMOTE in Savage River Mine

2015/05/25

サベージリバー鉱山では、ドリルリグの移動式リモートコントロールステーションを設置して、一歩進んだ安全性の確保に注力しています。

BenchREMOTE operator station

After four straight years with no lost time injuries, the Savage River iron ore mine on the west coast of Tasmania is justly proud of its safety record. This open pit operation, owned by Grange Resources, has consistently put safety first in bench drilling and blasting.

Now this operation has been made even safer with the introduction of a mobile, remote control station allowing an operator of an Atlas Copco SmartROC D65 drill rig to control the entire drilling process from a distance.

This Atlas Copco innovation, called BenchREMOTE, replicates the controls in the cabin of the rig. It can be mounted in any mine vehicle or dedicated mobile cabin and can be operated at distances of up to 100 m.

仮想キャビンの試運転

Grange Resources社は、サベージリバーでステーションの試運転を行ったうえで、キャンピングカーのように車内に設置することにしました。この仮想キャビンから、作業員は掘削地点から最大100 m離れた場所ですべての掘削作業を正しく実施できました。

サベージリバー露天採掘場は、大雨が頻繁に発生して、いつでもベンチの安定性が脅威にさらされる場所にあるため、この機能は特に重要です。

このため、同鉱山のBenchREMOTEステーションは追加の安全対策として現場に導入されており、主にSmartROC D65で露天採掘場の高い壁の近くを掘削する必要があり、その場所から作業員を立ち退かせて落石の危険に遭わないようにする場合に使用されます。
「弊社では、南北両方の露天採掘場で作業時間の最大50%にBenchREMOTEステーションを使用しています」と、Grange Resources社の鉱山管理者ジョン・クロケット氏は述べ、さらにリグのHNS(ホールナビゲーションシステム)により、孔のマーキングを手動で行う必要がないと付け加えます。
「弊社はリモートチャージユニットも設置しているので、作業員を高い壁からさらに遠ざけることができます」と、同氏は続けます。

"BenchREMOTE is the ultimate in hazard reduction and completely removes the risk. It’s the way of the future"

John Crockett, Superintendent Grange Resources
Not applicable

From his virtual cabin, the SmartROC D65 operator monitors and controls the rig via a closed circuit WiFi network which is independent of the mine’s communications infrastructure.

In addition, the SmartROC D65 rig’s functions of auto-collar, auto-position, auto-drill and rod changing ensure accurate and productive drilling while following the drill pattern which is loaded via USB.

“It’s awesome!” says Ben Whish-Wilson, the rig’s operator. “It’s got a good camera so you can see everything that’s going on and it’s real-time and responsive. Basically, I have the same level of control (as in the rig). I especially like the auto-pos button which straightens the feed and the autodrill’s good, too.

” With today’s lower iron ore prices, maintaining access to high grade ore, mine development and focusing on costs are top priorities at Savage River. Against this background, the addition of a BenchREMOTE station is more than just a way to increase safety. It allows the mine to access ore which otherwise would have required the gradient of the high wall to be reduced and a lot more waste rock to be blasted.

BenchREMOTE operator station

今後の開発

リモートステーションは現在1つのドリルリグと併用されていますが、1人のオペレータが複数のリグを並行して制御できるように設定できるため、生産性が向上する可能性があります。

アトラスコプコのタスマニア州支店長ジョン・スタントン氏によると、バーニーにいる部下たちがリグメンテナンス、部品、サービスエクスチェンジ、およびトレーニングサポートで必要な支援を鉱山に提供しているとのことです。また、鉱山のSmartROC D65はまもなくリグリモートアクセスを搭載するので、Grange Resources社が所有するローカルエリアネットワーク(LAN)でデータを送受信できるようになると付け加えます。

賢明な判断

露天採鉱場でベンチの安定性に確信が持てない場合は、危険地帯からドリルリグのオペレータを遠ざけることが賢明です。アトラスコプコのSmartROCリモートコントロールステーションBenchREMOTEであれば、オペレータを遠ざけることが可能で、安全性が向上します。リグのキャビンのこの移動式レプリカにより、オペレータは孔から最大100 m離れた場所ですべての掘削作業を行うことができます。コントロールコンソールはリグのものと同じで、表示画面では孔の位置について同じ概要を確認できます。また、この仮想キャビンはトレーラーに取り付けることができるため、容易に牽引でき、最良の位置に設置できます。BenchREMOTEは、鉱山のLANネットワークから独立している閉回路Wifiネットワークを介して稼働し、今後単一のステーションから最大3台のリグを制御できるようになる可能性もあります。


エピロックは、2018年1月1日まで「アトラスコプコ」の商標で操業していました。


サーフェスアンドエクスプロレーションドリリング部門 鉱業 BenchREMOTE 顧客事例 SmartROC D65 海外 2015