自動化対応 - Pit Viper

自律的掘削の実現とその威力

エピロックブラストホールドリルの安全性、生産性、運用コストを向上させるテクノロジと自動化ソリューション。

2016/08/15

技術力と自動化によって掘削作業の効率を長年にわたって向上させることこそがエピロックの自動化対応の目標であり、弊社はそれを実現するお手伝いをいたします。

  • リグ制御システム(RCS)プラットフォームはすべてのPit Viperに標準装備されており、Pit Viper自動化の基盤となります。
  • 鉱山の非常に過酷な環境向けに設計された堅牢なコンポーネントが採用されています。
  • 複数のオプションを使用してRCSとPit Viper自動化を活用して、掘削に関する特定の課題に対応できます。
  • エピロックの既製ソリューションを使用して、ニーズに応じて自動化パッケージを構築できます。掘削自動化をリードし続けるエピロックのシステムの例を以下に示します。

    オペレータがドリルに乗車した状態での自動化


    オペレータがドリルから降車した状態での遠隔操作による自動化

    Teleremote trailer, operational center

    上記のすべてのオプションに加え、次のオプションを利用できます。

  • 遠隔操作で動作している1台または複数台のドリルをオペレータが完全に制御できるようになるベンチ遠隔操作ステーション
  • 遠隔操作用の既製ソリューションであるOperations Centerトレーラ。1台のトレーラに必要な機能が組み込まれ、鉱山内を簡単に移動可能
  • パン/チルト/ズームカメラを含む遠隔状況認識用のカメラパッケージ
  • 最小限のオペレータ操作の完全自律運転

  • 障害物検知および認識システム
  • 作業者検知システム
  • エピロックは、2018年1月1日まで「アトラスコプコ」の商標で操業していました。

    完全自動操作できるケーブルレスのPit Viper 275 CAをご覧ください

    自動的に稼働:完全自動操作できるケーブルレスPit Viperは、下流工程の予測可能性、効率、品質を改善します

    Loading...

    メキシコ、ペナスキトで利用される自動操作のPit Viperドリル

    手作業による掘削からエピロックの自動操作ドリルに切り替えて以来、Goldcorp社は安全性と生産性の改善のほかにも多くのメリットを享受しています。

    Loading...

    Full autonomous On board solutions エピロックの掘削ソリューション 露天採鉱 ロータリブラストホールドリリングリグ Off board solutions 顧客事例 Office solutions