避難民と水: ウガンダで使用されるTH10

2020年9月15日

100万人の喉の渇きを癒すには、増加するウガンダの人口を考慮したチームワークが必要です。 2016年7月以降、100万人の南スーダン難民が国境を越えてウガンダに移動しました。 すでに人口密集地域であるグル地方北部では、NGOや政府機関が協力して難民の流入に対応しています。
気候は完璧に近く、ウガンダは食べ物が豊富です。 果樹園は果てしなく続き、穀物は年に2回収穫され、多くの肉牛、鶏、山羊、豚が飼育されています。 多くの場合、難民には、農業を行って食料を確保できるように、小さな土地が与えられます。 食べ物は豊富ですが、水は豊富ではありません。 井戸の掘削は不可欠です。 人々が毎日水汲みのために貴重な時間を費やさなくてもいいように、政府は、200人以上の人々が住むコミュニティに、真水を汲み上げるための井戸と給水栓を設置するよう求めています。 井戸間の距離は、互いに3マイル(5 km)を超えることができません。
Epiroc TH10 waterwell drill rig in Uganda
BM Watsan Holdingsは、2014年に購入したTH10によって、多くの井戸を掘削してきました。 同社は、3日あれば、該当の地点で作業を開始し、井戸を掘削し、ポンプを設置し、工事を完了することができます。 BM Watsanのプロジェクト担当マネージングディレクターであるOlanya Joseph Otimによると、同社の成功は、委託者である事業体との良好な関係が理由です。 「私たちを信頼して、井戸の完成を任せることができるので、彼らの仕事も楽になっています」と彼は言います。

Otimによると、同社は年間平均50本の井戸を掘削しており、ここの井戸は深くないとも付言します。 これまでの最深距離は395フィート(120 m)未満でした。 「TH10は高速で、井戸を1つ完成させるのに必要な時間は、わずか5~7時間です。」
井戸の掘削には、一時的なスチール表面ケーシング用として、12インチ(305 mm)の表面穴が必要です。 エアハンマーで、6 インチ(165 mm)または7インチ(178 mm)の穴を必要な深さまで掘削します。 同社は、Secoroc QL 60ハンマーとボタンビットを、岩盤を貫通するために使用します。

"TH10は高速で、井戸を1つ完成させるのに必要な時間は、わずか5~7時間です。"

Olanya Joseph Otim, プロジェクト担当マネージングディレクター

TH10は、Centerline 3×4泥ポンプとDeutzデッキエンジンを搭載しており、泥掘削とエア掘削の両方に適しています。 掘削作業員のDavid Okelloは、泥やエアによる掘削に十分なパワーがあると語ります。 「表面には、泥掘削を困難にする石や岩があります。 詰まって動けなくならないように、注意しています。 私は決して外に出ません。」

 

エア岩盤掘削を迅速かつ容易に行なえます。 「午前8時に掘削を開始すれば、午後3時までに終わります。」  目標は、ハンドポンプに十分な流量を確保することです。すなわち、毎分最低130ガロン(0.5 m3)です。 それより流量が少ないと、ドライウェルと見なされ、放棄されます。

Okelloは各地域の水質を理解していますが、地盤の状態は予測できません。 一般的に、30〜60フィート(10 m〜20 m)で岩盤に当たりますが、岩盤の範囲は3〜100フィート(1 m〜30 m)です。 リグの泥ポンプは、穴を100メートル(330フィート)以上フラッシュできる定格となっているため、スターターホールの深さを心配する必要はありません。 一時的な表面ケーシングを設置した後、掘削は7インチのビットで続行されます。
Epiroc TH10 waterwell drill rig in Uganda

井戸は、必要な深さまで5インチのPVCパイプでケーシングされ、掘削物で埋め戻されます。 上部の穴には、ケーシングにコンクリートシールが設置されます。 この上部の穴は、表面から3メートルの位置にある衛生シールの役割を担います。 Okelloは7インチの穴をエア掘削しており、通過した破砕帯を監視しています。 彼らは各破砕帯でPVCケーシングに穴を開けます。
  

ハンマーを駆動するエアパッケージは、300 psi(26 bar)で836 cfm(395 L / s)を供給するAtlas Copco XRH 836コンプレッサーです。 

 

TH10は、全輪駆動の頑丈なTATA SA 1212 TCトラックで構築されています。 トラックは、必要な場所に向かうために必要なパワーを十分に備えています。 Okelloは、ドリルをもう一つ購入するならば、この同じドリルを購入すると言いましたが、次の購入時には、より強い牽引力が必要な区域用に、6x4ドライブを使用することにしています。 

 

デッキエンジンは、回転ヘッドのトルクと速度を推進させる2つの油圧モーターを駆動します。 これらのモーターは、トルクと速度を提供するギアを駆動します。 最大トルクは3,746 lbf-ft(5,070 Nm)です。 掘削作業員は、0から85 rpmまで速度を可変制御できます。 

 

Okelloは、より多くのプルバックを伴うより重いドリルがある一方で、TH10は、自分たちの作業にに適しており、浅い井戸を迅速かつ効率的に完成させることができると言います。 「私は性能を気に入っており、掘削を楽しんでいます。」

 

せん孔機械(クローラドリルやジャンボ) 井戸掘削用リグ 2020 井戸 海外 ニュース エピロックの掘削ソリューション 製品