エピロックとMobilaris社がHindustan Zinc社のインテリジェント採鉱の道を開く

世界最大の亜鉛 - 鉛 - 銀生産業者の1社であり、インド唯一の生産業者であるHindustan Zinc社では、自社の主力鉱山であるランプラーアグチャに、鉱山の安全性と効率性を確保するための意思決定支援ソリューション、Mobilaris Mining Intelligence™(MMI)を導入するために、エピロックを選びました。MMIは優れた状況認識を可能にし、複雑な採鉱作業をリアルタイムで可視化して支援するように設計されています。
Hindustan Zinc社は、さまざまな技術やイノベーションを導入してきた、インドにおけるパイオニア的企業であり、安全性と効率性の向上、探査能力の強化に成功し続けています。「当社は、コネクテッドでインテリジェントなスマート鉱山の開発の取り組みを続けています。エピロックとのパートナーシップが、安全性と生産性に優れたランプラーアグチャ鉱山の業務の実現に向けた私たちの取り組みを支えています」と、Hindustan Zinc社CEOのスニール・ダガル氏は述べています。

「エピロックでは、MMIソリューションを使用してHindustan Zinc社の業務(採鉱)改善プロセスをサポートしています。世界的に高く評価されているこのソリューションにより、Hindustan Zinc社の業務効率は今までにないレベルまで高まるでしょう」と、エピロックでオートメーションおよび情報管理担当グローバルビジネスマネジャーを務めるウラ・コースマンコプラ氏は述べています。MMIポートフォリオは、状況認識、機械データの統合などの短期間の制御、交通認識を装備しており、顧客の鉱山から最大限の生産性と効率性を引き出します。
Mobilaris Hindstan zink press image
「オープンで透明性に優れたMobilaris Mining Intelligence™ソリューションによって、さまざまな種類の機械やセンサーなどを統合することができ、必須であるリアルタイム分析のための基盤を構築できます」と、ウラ・コースマンコプラ氏は続けます。 Hindustan Zinc社では、今後5年以内に150万トンの金属を生産する準備が整っており、それを達成するための戦略は革新的なものです。このプロジェクトは、従業員の安全性、プロセス効率、全体的な生産性を大幅に改善できると期待されています。システムの運用は、ランプラーアグチャ鉱山のネットワークの稼働後に開始される予定です。        

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。

Anirban Sen, Business Line Manager, Epiroc India,

+91 99235 85845, anirban.sen@epiroc.com

 

Ulla Korsman-Kopra,

Global Business Manager, Automation and Information Management Solutions,

エピロック アンダーグラウンド ロック エクスカベーション事業部

+46 (0)72 142 9650, ulla.korsman.kopra@epiroc.com

 

 Hans Wahlqvist, VP Business Development & Strategic Product Management, Mobilaris MCE,

+46 70 534 88 62, hans.wahlquist@mobilaris.se

 

Ann-Sofie Andersson, Global Communications and Brand Manager, Epiroc Underground Rock Excavation division

+46 (0)721 838 434, ann-sofie.andersson@epiroc.com

地下岩盤掘削 鉱業 海外 2019 プレスリリース