地下測位のパラダイムシフトを可能にする画期的なイノベーション。

地下採鉱のオートメーション化を成功させるには、資産を測定する能力が根本となります。 地下の硬岩採鉱における多くの使用事例で、50-100 mの測位精度を実現してきました。 何年間も、さまざまな方法でこれを達成してきました。

以前は、ほかの会社が所有権を持つ技術(非標準)を使用して、問題を解決していました。 この方法では、解決方法をほかの会社が所有しているため、効果が決まっていました。 装置や解決方法は、その特定のベンダーからのみ購入できる状況でした。 また、大抵の場合ハイコストで低パフォーマンスなソリューションになってしまうという欠点もありました。

 

その後、Wi-FiやLTEなどの標準化されたソリューションが登場し市場がオープンになり、同じインフラ上ででさまざまなベンダーのデバイスやソリューションが共存できるようになり、健全な収益構造を実現できました。 今では、ロックイン効果のない、価格性能比がプラスの影響となる「既製」製品の登場で、ほとんどの使用事例で十分な測位精度を達成できます。

 

しかし、カーナビや渋滞管理など、より高度な測位精度のニーズには、これらの標準化された技術を使用しても、まだ対応できていません。 これらの使用事例には、専門的でコストパフォーマンスに優れた追加技術が救済策としてのみ使用できます。 

 

自動運転車のように超高精度を必要とするさらに高度な使用事例では、LIDAR(レーザー光による検知と測距)や、それに類似する技術が唯一の選択肢です。 これらのソリューションは非常に正確ですが、同時にコストも非常に高くなります。

Mobilaris learnings

Epiroc Mobilarisソリューションの重要な基礎のひとつは、技術に依存していないということです。 当社のソリューションは、利用可能な様々な技術を組み合わせることに取り組んでいます。 これで、お客様が払う金額に見合うものとなります。 多くの使用事例で、標準化された技術と別の会社が所有権を持つ技術を採用してきました。

 

しかし、地下採鉱のデジタル化が進み、生産性や安全性を向上させる手段としてデジタル化が受け入れられるようになると、カーナビ、材料の取り扱い、トラフィック管理などのより高度な使用事例へのニーズが高まってきます。 これまでのところ、このような使用事例のニーズを満たす唯一の実行可能な無線技術は超広帯域(UWB)または、飛行時間(TOF)または到達時間(TOA)測定に基づく他の技術のいずれかです。 これらの使用事例が少し遅れているのは、基本的なインフラ(WifiまたはLTE)の上に、二次的な測位インフラを追加するための余分な費用がかかるためです。

 

この問題の解決策として、また高精度測位をより低コストで利用できるようにするために、Mobilarisはここ数年この課題に取り組んできました。当社が、鉱山業界向けの最新の技術革新として、Mobilaris Hybrid Positioning™(特許出願中)という比類のない画期的な測位アルゴリズムを発表できることを非常に嬉しく思っています。

 

この画期的なイノベーションは、最先端のセンサフュージョン、人工知能、高度な数学に基づき、5~10メートルの精度で車両の位置を自律的に測定できます。測位専用のインフラストラクチャは不要です。 専門的なまたはコストのかかるハードウェアは一切必要ありません。 代わりに、標準のAndroidタブレットで実行できる設計です。

当社独自の経験とお客様の声により、この新たな画期的イノベーションが地下採鉱を劇的に変えると確信しています。 Mobilaris Hybrid Positioning™テクノロジーを採用した新しいMobilaris Onboard™タブレットはGPSと同じように機能し、地下のカーナビゲーションを可能にします。今や、採鉱についての特別な知識がなくても、現場や移動する資源へのナビゲーションができるようになりました。

 

ネットワーク接続が利用可能な場合、車両の正確な位置がMobilaris Mining Intelligence™システムに送信され、すべての人が見ることができます。 これにより、鉱山内のトラフィックを最適化するためのトラフィック認識や、物流管理などの精密な測位に基づく高度な分析など、さらに高度な使用事例が可能になります。

地下岩盤掘削 海外 2019 顧客事例