Safer together story 2

共に安全に

2020年8月21日

持続可能な鉱業には包括的なソリューションが必要です。 生産性や効率性だけが必須ではありません。安全性に関連するすべてのことが整っている必要があります。 雑誌マイニング&コンストラクションは、モンゴルのオユトルゴイ鉱山を訪れて、賞を受賞したコラボレーションの詳細がわかりました。
ほこりっぽく騒音が激しいトンネルで、エピロック スウェーデンのサービスエンジニア パトリック ぺルソンは、Scooptram ST1030ローダーの隣でサービス技術者とオペレータと話し合っていました。 「では、次はなにをチェックするべきですか」とぺルソンが聞きました。 サービス技術者が、ヒンジ(蝶番)とブームをロックする安全ピンを指さしました。 数人がローダーのまわりを歩いて、オイルやブレーキなどの安全アイテムをひとつずつ慎重にチェックしました。 ぺルソンはローダーを始動にする前に、それぞれのアイテムがどの状態になっていなければならないのか、また安全のチェックリストはチェックされているのかを説明しました。 「例えば、オペレーターは仕事を開始する前に必ずブレーキテストを実行しなければなりません。」と彼は言います。

"例えば、オペレーターは仕事を開始する前に必ずブレーキテストを実行しなければなりません"

Patrik Persson, エピロックのサービスエンジニア

モンゴルのウムヌゴビ県にあるオユトルゴイ鉱山では、このシーンは地面より1 300メートル下で撮影されました。 世界一大きい銅山のひとつで、また金や銀も採取できます。 露天採鉱および地下採鉱技術は、金属を採取するために使用されます。

 

採鉱は、オユトリゴイ LLC会社と現場のコントラクター数名とで行われます。 エピロック モンゴルは地下掘削ドリルとその他の装置のメインコントラクター会社のひとつで、オユトルゴイ鉱山で実装されるドリルやその他の装置のメンテナンスサービスを提供しています。 パトリック・ぺルソンは、Scooptram ST1030ローダーを操作しメンテナンスを実行する技術者やオペレーターをトレーニングします。 エピロックが提供するトレーニングの重要な部分は、オユトルゴイ鉱山に限らず、一般的に安全性に関連するところです。 基本的な安全性への取り組みは、お客様がエピロックの機器を使用する前に操作方法を理解してることを必ず確認することです。

 

「お客様に機器を提供するときは、安全を第一に考えています。」とエピロックモンゴルのビジネスラインマネージャーの ベイヤー・トルグーンさんは言ってます。 「機器や装置にかかわる人と使用する人が安全でなければなりません。 装置は正しく使用しなければなりません。 当社の製品をお客様に提供すると、お客様のニーズに合わせてメンテナンスサービスを行います。」

Safer together story 1
オユトルゴイ鉱山では、エピロックモンゴルが32台の装置に対してメンテナンスサービスを提供します。ほとんどの地下掘削ドリルだけでなく、2つの新しいローダー、Scooptram ST14およびScooptram ST1030にも行います。 チームは100人以上で構成され、その中にはマネージャー、管理者、および技術者が含まれます。 「7つの機器を30人で行うところから始まりました。」とプロジェクト マネージャーのアルフレッド・ローレンスさんは言っています。 「安全にメンテナンスを行ってきました。また技術的なスキルや個々の技術だけでなく、オユトルゴイ鉱山の安全性の認識も向上しています。」 彼は続けて: 安全はそれぞれのシフトが始まるときにまず最初に話すトピックです。 安全性の問題を話し合い、チームメンバーとそれぞれの安全性に関する経験を話し合います。 けがをしてほしくないのでこれは重要です。 安全に働く権利があります。
オユトリゴイ LLCは、コントラクターに高い安全基準に従うことを要求しています。 負傷による損失時間(LTI)は、安全パフォーマンスを示す主要なもののひとつで、それぞれの契約者の安全性の戦略になり、現場全体の安全性に追加されます。 エピロックの取り組みも成功しています。 オユトリゴイ LLCがコントラクターの安全性のパフォーマンスを評価したところ、エピロックは2018年第一四半期に安全認識賞を受賞し、2018年第二四半期に最優秀安全鉱山コントラクター賞を受賞しました。 「安全性の戦略とは、あらゆる危険を特定し、それが絶対に健全性や安全に対するリスクにならないようにします。」アルフレッド・ローレンスさんは言います。 「簡単なことがよく大きな影響を与えます。 例えば、地下でつまずく可能性を減らします。 誰かが滑ると、足が折れたことから負傷による損失時間につながる場合があります。」

安全と環境 モンゴル 海外 2019 部品とサービス 顧客事例