T51ネジ用のPowerbitを発売

2016/06/10

アトラスコプコセコロックは、2015年12月に明かり掘り用トップハンマードリルビットの新シリーズPowerbitを発表しました。最初に販売されたネジシステムはT45でした。発売以来、Powerbit T45はあらゆる目標や期待に応え、超えてきました。極めて高い貫入率を達成しながら、耐用期間は最大75%改善されています。

Tophammer

そしてPowerbit T51が新登場。

このたび、エピロックセコロックはPowerbit T51を発売しました。このビットシリーズは、Powerbit T45の商業的成功に貢献した特性をすべて引き継いでいます。ビット形状が最適化され、ビット本体には従来よりも硬度が高く頑丈なスチールが採用されています。さらに、特許取得済みのEnduro Extraボタン表面処理技術とTrubbnosボタン形状が、優れた強度と耐摩耗性を実現します。こうした特長をすべて備えたPowerbit T51は、あらゆるタイプの岩に対する卓越した性能で定評のあるT45と同等の能力を発揮すると期待されます。

多くの試験を重ねて生まれた製品

Powerbit T51ドリルビットは、スウェーデン、ノルウェー、チェコ、トルコ、インドネシアで試験済みです。径89~127 mmのT51シリーズのうち、89 mm、102 mm、115 mmのドリルビットを使用して、さまざまなタイプの岩で試験を実施しました。さらに、地下掘削でも一部試験を実施しました。その結果、耐用期間は最大65%延長、初回リグラインドまでの掘削距離は最大42%、リグラインド間の掘削距離は最大36%、貫通率は最大13%改善されることが明らかになりました。これはエピロックが設定した目標をはるかに上回るものです。

さらなるメリット

Powerbit T51シリーズは、トップハンマービット先行機比でさらにコンパクトになり、汎用性も高まっています。モデル数は約40%少なくなっていますが、これによりビットの選択が容易になりました。Powerbitをお使いいただくと、強力なドリルストリングを実現できます。シャンクアダプタとドリルロッドはすでに高く評価されています。Powerbitの卓越した性能も非常に高く評価されており、高品質のドリルストリングを完璧にサポートします。アトラスコプコセコロックのトップハンマーをぜひお試しください。

RDT

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。

アトラスコプコセコロック事業部トップハンマーおよびハンドヘルド製品ラインマネジャー、ヨハン・テナー
(電話:+46(0)223 462 27、メールアドレス:johan.thenor@se.atlascopco.com)

アトラスコプコセコロック事業部トップハンマーグローバル製品マネジャー、イワン・ハディエフ
(電話:+46(0)223 461 14、メールアドレス:ivan.hadjiev@se.atlascopco.com)

アトラスコプコセコロック事業部コミュニケーションマネジャー、トールビヨルン・ヴァイバーグ
(電話:+46 223 463 84、メールアドレス:torbjorn.viberg@se.atlascopco.com)

トップハンマードリリングツール 製品 ニュース

この件に関するその他のニュース