Erkatの20年 – エピロックのもとでの3年間、サクセスストーリー

2020年1月22日

2019年11月 – Erkatは20周年を祝いました。2人の男性が立ち上げた会社が、現在では世界中で高い評価を得ています。2017年1月以来、Erkatはエピロック傘下となっており、その万能カッターユニットで会社は大成功を収めました。より困難なタスク、より専門的なアプリケーション、より高い顧客満足度のための絶え間ない革新によって、将来は明るいものになるでしょう。 

エピロックとErkat – ウィンウィンの状況

ER 1500 drum cutter in action

掘削機アタッチメントER 1500カッターユニットは、溝堀りやトンネル掘削、特殊土木工事、解体工事、水路掘削、地層混合処理にも適しています。

持続可能な生産ソリューションで世界をリードする専門家であるエピロックは、Erkat社の合併により、2017年1月に建設ツール部門を拡張することができました。Ekratは、解体、溝堀り、トンネル掘削、岩石掘削のための高品質の横型および縦型ドラムカッターを含む製品群を持つ成功したブランドであり、ドイツのハンバッハの現場で培われたノウハウを基盤として、エピロックの従来の製品群に完全な仲間入りを果たしています。

 

この買収はErkatにもプラスの影響を与えました。現在では、革新的な製品に対する認識が高まり、新規の顧客グループが新たに加わりました。また、トンネル掘削作業において、エピロックブレーカで主な除去を行い、Erkatカッターユニットで研磨を行うなどの理想的な組み合わせのオプションも生まれています。

Erkatの急進性 – 堅牢かつ繊細、個人から専門家まで、そして常に感動的

ERカッターユニットシリーズの優れた汎用性は常に明白です。0.6トンから125トンクラスの掘削機には、幅広いカッターユニットサイズ(ER 40xからER 5500)の選択肢が用意されており、使用エリアに応じて異なるカッターヘッド一式(さく岩ヘッド、探査ヘッド、切削ホイール、混合ヘッド、木工フライスヘッド、ブラシヘッド)も用意されています。堅牢なデザイン、高い復元力、低メンテナンス性、QuickSnapロックなどによる扱いやすさ、そして何よりも優れた効率性は当然のことです。

 

Erシリーズは、溝堀りやトンネル掘削、特殊土木工事、解体工事、水路掘削、地層混合処理にも適しています。しかし、極めて低振動かつ低騒音な作業が可能なため、特に繊細な場所でも使用することができます。カッターユニットは水深30 mまで改造なしで使用可能です。

 

このように、Erkatは最も困難な環境においても常に理想的な作業条件を保証します。この利点は、ベルリン中央駅の建設現場でも明らかになりました。そこでは、カッターユニットER 1500 LER 2000 Xが、作業中に、狭く入りにくい"場所"で柔軟性を発揮しています。彼らは油圧式エピロックブレーカのためのスペースを作りましたが、それはブレーカがコンクリートの地面を破壊するための適切な場所を確保する唯一の方法であり、理想的な作業分担でした。ハンブルク・エイムスビュッテルの高層バンカーでの選択的なリバース建設中に、バンカー天井の高い位置で作業を行った際にも、横方向のドラムカッターが目覚ましいパフォーマンスを発揮しました。ここでは、品質特性として、低振動作業、効率的な解体性能および迅速なツール交換に焦点を当てました。

将来に向けた品質と革新

今後は、市場、企業、人々のニーズの高まりに対応するため、継続的な開発に重点を置きます。エピロックは、Erkat製品の先駆的なポジションをさらに拡大し、より効率的な散水により建設現場での微細粉塵汚染を最小限に抑え、製品ラインアップを大幅に拡大することを目指しています。解体とトンネル建設のための強化されたカッターユニット、特別に開発された回転システム、既存の横方向ドラムカッターに取り付けるための切断ホイール、ドライ吸引の有無にかかわらないブラシヘッド、その他多くのものがすでに進行中です。焦点は、主に市場のリノベーション、都心部での爆破なしのリバース建設、汚染された表面の除去などの持続可能な作業エリアに向けられています。未来がどうなるかわかりませんが、ハンバッハの現場ではまだまだイノベーションが起きるでしょう。 

海外 油圧ドラムカッター 油圧アタッチメントツール 2019 プレスリリース