オーストラリアで新世代のSmartROC D65を発売

2019年11月6日

SmartROC D65は、9年前の発売以来、オーストラリアの鉱業に大変革をもたらしてきました。そしていよいよ、エピロックは新世代のSmartROC D65「Down Under」を発売します。

新世代のSmartROC D65は、インテリジェントでオートメーション化された、時代の変化にも耐えられる製品で、スマートな機能が満載です。新しいインタラクティブなタッチスクリーンと8 mのパイプから構成されるAuto Feed Foldなどの機能を搭載するなど、着実に進化しており、ロッド交換回数も減って、より長い時間掘削できます。

「さらに、BenchREMOTEオプションにより、最大100 m離れた場所から1人で最大3台のリグを同時に安全に操作できるため、オペレータの生産性が大幅に向上します」と述べるのは、エピロックオーストラリア、サーフェスアンドエクスプロレーションドリリング部門、製品マネジャー、クリストファー・トーマス氏です。

「弊社のお客様は、BenchRemoteからフルオートメーションまで弊社のオートメーション化への移行の価値を見いだし始めています。そして弊社の働き方スタイルである6th Senseにより、弊社とお客様は共に将来大きな成果を達成するでしょう」とクリストファー・トーマス氏は言います。


新しい油圧システムは、ポンプの数を減らすとともに、効率も上がっています。また、必要な油圧オイルも減り、ホースとコネクタの数も最小限で済んでいます。その結果、油圧タンクを400リットルから100リットルに小型化できました。これにより、環境フットプリントが低減され、サービスアクセスが改善され、メンテナンスのコスト効果が向上しています。
­
実績と革新性を兼ね備えたプラットフォーム、SmartROC D65は、オーストラリアの鉱業に大変革をもたらしてきました。この新世代のSmartROC D65ドリルリグに対する関心と好奇心は非常に大きくなると期待されています。

"SmartROC D65はオーストラリアで唯一無二の地位を占めています。SmartROC D65は必要に応じてホールナビゲーションシステムやBenchRemoteでアップグレードできるため、将来の使用やオートメーション化にも対応できる製品となっています。"

Kristopher Thomas, Product Manager, Surface and Exploration Drilling division, Epiroc Australia.

SmartROC D65は、オーストラリア鉱業において、曲線、プレスプリット、生産掘削に最適なDTHクローラドリルです。新世代のSmartROC D65は、最も過酷な条件に対応できるように設計されており、作業改善、安全性向上、生産性向上のための各種機能が搭載されています。これらの機能のすべてにエピロック独自のスマートテクノロジーが活かされています。


6th Senseは、オートメーション化とシステムインテグレーションにより、お客様のバリューチェーンと作業を最適化するエピロックの手法です。


新世代のSmartROC D65では、オプションで標準フィード(5 m)、ロングフィード(6 m)、XLフィード(8 m)の3種のフィードを使用できます。

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。

クリストファー・トーマス

サーフェスアンドエクスプロレーションドリリング部門 - 製品マネジャー

電話番号: +61 409575603

電子メール: kristopher.thomas@epiroc.com

アンデッシュ・ブロムヒェ

ブランドコミュニケーション、サーフェスアンドエクスプロレーションドリリング部門 - プロジェクトマネジャー

電話番号: +46 (0) 72 0836011

電子メール: anders.bromsjo@epiroc.com

オーストラリアおよびオセアニア SmartROC 露天採鉱および砕石 せん孔機械(クローラドリルやジャンボ) 鉱業 海外 2019 クローラドリル プレスリリース エピロック SmartROC D65 露天採鉱 サーフェスアンドエクスプロレーションドリリング部門