Reconstruction brings new hope to Japan's earthquake victims

2015年12月341日

町全体が壊滅し、多くの人命が失われ、何万人もの人々が原発事故の後に移住を余儀なくされました。これは、2011年3月11日に東日本を襲った地震と津波の爪痕です。約5年が経過した今では、この地域の復興が進んでいます。生き延びた人々に新たな希望をもたらしている、復興事業の現場からのM&Cレポートです。

午後の、まだ日が高い時間のことでした。海に面した小さな市、陸前高田ではラッシュアワーが始まる前で、通りは静かでした。子供を学校に迎えに行く途中の人、夕飯の献立を考え買い物をしている人もいました。

そのとき建物が揺れ始め、数分後には町全体が、日本の歴史上最大級の地震の被害を受けていました。

マグニチュード9.0の地震が津波を引き起こし、高さ18 mもの波が草地や水田に押し寄せ、何もかもを破壊していきました。

日が落ちるころには、海沿いの低い地域に残った建物はごくわずかであり、町は消滅したも同然でした。その後、日が経つにつれて、事実が明らかになっていきます。4,000棟近くの家屋が全壊し、死者は1,700名を超え、何千人もの住民が家を失い、絶望していました。

この市だけではありません。約250 km南では、福島第一原子力発電所の衝撃的な状況に世界の注目が集まっていました。必死で救おうとする技術者たちの努力にもかかわらず、チェルノブイリ以降最大の炉心溶融が現実のものとなってしまいました。

沿岸部の無数の集落がこの日以来、苦しみを味わっています。しかし岩手県の陸前高田市は、希望と未来への信念の象徴的存在となっています。それは大規模な復興計画事業が進められているからであり、その成果が現れ始めています。

希望の音

The muffled thud of rock being blasted is barely audible, but the thin veil of dust that blows in the wind from the Pacific Ocean reveals the location – a hillside above what was once a town and is now a virtual wasteland.

Minutes later, the mechanical sounds of drill rigs and earth moving equipment start up again. Since disaster struck four and a half years ago, the thousands of displaced residents of Rikuzentakata have been living in prefabricated, temporary shelters, with little hope of ever being able to return home. Now, thanks to the reconstruction project, that dream is a very realpossibility.

Launched in December 2012 at a cost of USD 1.6 billion, the local authority aims to construct a completely new community on the site, including homes, schools, hospitals, a railway station and a new commercial center. In addition, higher and stronger sea defences will be constructed along the coast – all by 2019.

エピロックは、2018年1月1日まで「アトラスコプコ」の商標で操業していました。

顧客事例 クローラドリル サーフェスアンドエクスプロレーションドリリング部門 海外 2015