自動化の実現

露天採鉱での自動掘削技術を実現しました。この技術は成功を収めており、世界中で稼働しています。オーストラリア、南アフリカ、カナダ、米国、チリなどの大規模鉱業国の石炭、銅、鉄、金鉱山は、これまで達成不可能とされていた目標を達成しています。Pit Viperドリルの自動化により、オペレータは安全に目標を達成できます。また、AutoLevel、AutoDrill、Auto Rod Changer、マルチリグ遠隔操作などのオペレータアシスト機能を使用して、すべてのシフトで安定的かつ持続的な生産性を実現できます。ここでは、Pit Viperの自動化が世界中の鉱山にもたらす価値について紹介します。

Automation Pit Viper 351 at customer site

アトラスコプコが1998年に初めて電子リグ制御システム(RCS)を導入して以来、RCSをベースにした革新的な機能が次々と登場しました。さまざまなリグ機能の制御を自動化することで、人間の経験や、ジョイスティックやスイッチからの複数の入力が、センサやソフトウェアをベースにしたコンピュータ化された入力に置き換えられます。
自動化による最大のメリットは、制御システムがティーチングされた動作以外の動作を行わないことです。最も熟練度の高いオペレータでさえ、疲労、散漫、単純ミスにより反復作業ごとにパフォーマンスがわずかに変わりますが、RCSは各反復作業を信頼できる精度でこなします。1回の反復作業では熟練度の高いオペレータのほうが速いこともありますが、ほとんどの作業で、自動化されたシステムはシフト終了時までにオペレータを追い越します。また、どのオペレータが自動化を監視しているかにかかわらず、自動化された操作をすべてのシフトで繰り返すことができます。
15年後に予定している4世代後のRCSで、アトラスコプコのあらゆるPit Viperドリルで自動化パッケージが利用可能になります。Surface Managerなどのアトラスコプコのオフィスベースのソフトウェアツールスイートは、使いやすいレポート作成インターフェイスによって自動化パッケージを補完します。Surface Managerは、Pit Viperのデータをわかりやすいレイアウトで表示し、これによりドリルの使用状況の調査、生産統計の評価、消耗品の追跡、計画と実際の結果の比較などを行うことができます。チャートやグラフで表示されるアクティブな管理ツールは、オペレータのトレーニングに役立ち、あらゆる関係者にとって意思決定時の支援材料となります。

自動化の増加による利用率の向上

チリのアトラスコプコドリリングソリューションのプロダクトマネジャーであるPaulyn Espíndolaは、ある銅鉱山のお客様がドリルを使用できる場所を拡大してリグ利用率を向上させていると語っています。4月には、5台のPV-351リグが稼働している現場にアトラスコプコのPit Viper 351ディーゼルリグを追加し、これはチリの露天採鉱事業初の遠隔操作リグとなっています。リグの完全な無線制御により、オペレータは掘削場所から十分に離れた場所にいることができるため、ベンチ上の好きな場所を掘削することができます。Espíndolaによれば、銅鉱山には自動化でしか解決できない固有の課題があり、Pit Viperの自動化パッケージにより採鉱業者は操業ニーズに最適な機能およびアップグレードパッケージを選択することができました。

資源が限られている場合に有効な自動化

Teleremote trailer, operational center

遠隔操作センター

オーストラリアのアトラスコプコドリリングソリューションのビジネスラインマネジャーであるDustin Pennは、RCSベースのPV-271ブラストホールリグを備えたいくつかの鉄鉱山を担当しています。一部の会社は業務目標および戦略的目標を達成し続けるためにAutoLevelやAutoDrillからより高度なシステムに移行しています。「オーストラリアの問題は、労働力が限られていることと、お客様に対応する社員の経費が非常に高額であることです。これには、社員の住居や食事から交通費に至るすべてのことが含まれます。鉱山まで飛行機で2時間かかります」
これらのオーストラリアの鉱山の目標は、現在のオペレータ数を維持しながらドリル数を増やすことで、これは自動化を意味します。
Pennは次のように述べています。「自動化により、オペレータは1台の機械を操作するオペレータではなく、複数のドリルの監督者になることができます。自動化は生産コストを削減するだけでなく、整備も合理化します。水、燃料、目視検査などの複数のサービスを一度に効率的に実行します。シフト交替時のダウンタイムの削減に加え、自動化によりPit Viperの利用率が向上します。自動化に移行するには、管理職、ITおよび人事部門からオペレータ、計画、発破部門に至る鉱山のすべての管理グループが一致協力する必要があることをPennは強調しています。このため、採鉱業者はサプライヤと連携する必要があります。
Pennのお客様は、採鉱事業に自動化を組み込む際に、アトラスコプコと連携するための部門横断的なチームを設置しました。

続きを読む

顧客事例

関連製品およびサービス