バケットスクリーナをBauma 2019で発表

2019年5月29日

エピロックの豊富な油圧アタッチメントツールポートフォリオにバケットスクリーナシリーズが加わります。

Bucket Crusher BS 1600 application pictures

バケットスクリーナBS 1600

「お客様からの需要は着実に増加しています。このたび発売した新製品は、時間の節約と収益増に貢献します。現場で資材を選別することにより、効率が大幅に向上します。エピロックのバケットスクリーナはこの上なく頼りになり、高速です」と、エピロック油圧アタッチメントツール部門グローバルマーケティングマネジャーのゴードン・ハンバックは説明します。

エピロックのバケットスクリーナ - さらに多くの仕事を現場で
エピロックのBS 1600およびBS 2200バケットスクリーナは、運転重量がそれぞれ1,710 kg(BS 1600)および2,450 kg(BS 2200)です。最新の設計と頑丈な構造を備えているので、リサイクル業やさく岩業のお客様にとってより優れた完全ソリューションです。

油圧動力をバスケットに伝えるタイミングベルトは張り調整が不要です。この信頼できるトランスミッションソリューションが最良のトルクを実現し、メンテナンス時間を短縮します。

「大径のメインローラベアリング装備で、他の市販スクリーナよりも長さのあるバスケットを装着できます」と、ゴードン・ハンバックは説明します。「さらに、スクリーニング面が大きくなったため、性能が大幅に向上し、高品質の成果が得られます。」

さらに、バスケットの形状は滑らかな曲面でなく、12面の多角形設計です。このため、資材を効果的に振り落として、選別プロセスを高速化します。資材はそれからメッシュの六角形の穴を通過して、高品質の骨材が岩石、粉砕コンクリート、リサイクル材料からつくられます。これが現場で一気に進みます。ニーズや要件に応じて、6種類の穴メッシュサイズ(20、30、40、50、60、70、80 mm)のバスケットを選べます。

エピロックのバケットスクリーナ新製品は、18トンと38トンの2サイズ展開です。耐久性に優れたスチール構造なので、過酷な作業環境でも長寿命です。

バケットスクリーナ 海外 2019 製品 プレスリリース