新しいSmartROC D65は、最も過酷な条件でも最高のパフォーマンスを発揮します。

2020年1月13日

Norrbotten Bergteknik社は岩石掘削の先駆者であり、掘削、発破、補強における豊富な経験と専門知識を有しています。同社は、機械設備の強化とAitikでの掘削プロジェクトのさらなる発展のために、4つの新しいSmartROC D65リグに投資しました。現在、2つのリグが配置されたことで、Norrbottens Bergteknik社は、新世代のSmartROC D65を生産に投入する世界初の企業の1つになりました。

Andreas Lundberg氏はNorrbottens Bergteknik社の監督者です。
「私たちはAitikで新しいリグをテストするのを本当に楽しみにしています。この種の作業には最も厳しい条件が設定されています。最低気温-40℃、処理すべき水と大量の岩屑。Aitikで使えれば、どこででも使えます。これ以上厳しい条件の現場はありません。」

 

Norrbottens Bergteknik社には、Aitikでの経験豊富なオペレータがいます。現場では固有の条件により、オペレータと機械双方に非常に高い要件が課せられます。

Andreas Lundberg

"新製品のSmartROC D65での生産が楽しみです。非常に興味深いのは、もちろん自動化された掘削とBenchREMOTEを介してリモートで作業する能力です。これは現在の方法とは全く異なるものになるでしょう、何といっても特に安全性の点で。"

Andreas Lundberg, Norrbottens Bergteknik社の監督者

Andreas氏は、すべての新機能とオペレータ環境の改善に大きな期待を寄せています。彼はまた、Aitikで本当に自動化されたオペレーションが可能になるかどうかを非常に知りたがっています。

 「Aitikは極端です。固い岩に到達するには、7メートル以上の土被りを掘削しなければならないこともあります。そのような場合、私たちは耳で判断して動きます。ハンマの音に合わせてドリルの音を聞き、調整します。このような仕事をするには多くの経験が必要です。私は慎重かつ楽観的に、この新技術は経験によるよりも厳しい状況にうまく対処できるだろうと考えています。」

 

過重な負担はさまざまな形で物事に影響を与え、仕事をより困難にします。

「柔らかい土を大量に処理すると、穴はいつも壊れてしまいます。ロッドを引き上げるとすぐにまた穴が崩れてしまいます。非常に時間のかかる作業です。別の場所では、同じ時間で5つの穴を開けることができます。」 

 

この新しいリグは、主に長いドリルロッドを使用するオプションがあるため、時間管理は従来のリグよりもはるかに優れています。新しいSmartROC D65は8 mの長さまで処理できるので、オペレータはロッドを頻繁に交換する必要がありません。 

 「新しいSmartROC D65では、以前のように2本ではなく、1本のロッドを追加するだけです。特に水があるときに、私たちは多くの時間を節約できます。水が多いときにロッドを連結しようとするのは本当に難しいです。」

 

BenchREMOTEオペレータステーションを使用すると、オペレータは安全な距離から作業を行い、同時に3つのリグを管理できるため、生産能力が大幅に向上します。Norrbottens Bergteknik社は、かなり高い生産率を見込んでいます。 

 「1人のオペレータが2台の機械に対応するのは素晴らしいことです。生産性は大幅に向上しますが、すべてはこれらの新しい自動化システムに100%依存できるおかげです。当然、私たちはすべてがうまくいくと仮定して、これに期待しています。新製品SmartROC D65への投資により、大幅に高い生産比率に対する提案を行うことができました。」

1月 SmartROC 2020 露天採鉱および砕石 エピロック 海外 SmartROC D65 サーフェスアンドエクスプロレーションドリリング部門 顧客事例